【おしり】ニキビ・ぶつぶつ・ザラつきを解消する効果的な方法【つるつる】

スキンケア
この記事は約2分で読めます。

おしりニキビやぶつぶつ、ザラつきに散々悩んできた筆者です。

パートナーに「おしりの肌が残念」と言われ、地味にコンプレックスでした。

肌荒れを治すべく、塗り薬、下着をコットンやシルクに変える、スクラブで磨く、皮膚科に通うことをしてきましたが、治ることはありませんでした。

そんな私ですが、今ではニキビや吹き出物ができることなく、ツルツルなおしりを6年以上キープしています。

おしりの肌荒れを解消した筆者が、どのように治したのかをご紹介します。

ニキビやザラつきができる原因

おしりは他の部位と比べて

  • 下着や衣服で覆われている時間が長い
  • 座ることで皮膚が圧迫される
  • ムダ毛をそのままにしがち
  • 保湿ケアを忘れがち

な部位です。

下着や衣類で覆われている時間が長いと、ムレやすくなり、さらに座ることで皮膚が圧迫され、毛穴の汚れが詰まりやすくなり、ニキビやザラつきの原因となります。

また、見えないところだから、産毛程度の薄い毛だからと、ムダ毛をそのままにしがちです。
雑菌は毛に繁殖しやすいため、ムダ毛を放置していることで肌荒れを起こしている可能性があります。

そして、肌が乾燥すると余分な油分が分泌され、ニキビの原因となったり、肌表面の角質層が硬くなり、ザラつきの原因となります。

トグルボックス内容

早く治す方法

ニキビやザラつきができる原因を解消すれば、肌荒れは治ります。

とはいえ

  • 下着を履かない
  • 洋服を着ない
  • 座らない

ことはできません。

なので、脱毛と保湿がおすすめです。

脱毛をすることで、雑菌が繁殖しにくくなり、毛穴が締まり、汚れが溜まりにくくなります。

私の場合、おしりのムダ毛は産毛のような薄い毛だったため、産毛対応の脱毛店を選び、3回ほど通った時、すっかり肌荒れは治り、つるつるになっていました。

私のように何を試しても治らなかった方は、ぜひ脱毛をしてみることをおすすめします。

そしてお風呂上りには、化粧水や乳液で保湿しましょう。

まとめ

おしりニキビやぶつぶつ、ザラつきでお悩みの方、何をしても治らない方は、ぜひ一度、脱毛と保湿を試してみてください。

読んでくださる方のお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました