【HIFU】ハイフはクリニックでやるべき理由3つ【クリニックハイフとエステハイフの違い】

エステ
この記事は約4分で読めます。

今回はハイフについてです。

「切らないフェイスリフト」として人気のハイフとは、ざっくり言うと筋膜や皮下組織にピンポイントで熱を与えリフトアップ効果を期待するメニューです。

ハイフは医療機関であるクリニックで行うものと、エステ店で行うものがあり、この違いと、なぜクリニックでやるべきなのかを、仕組みや効果の話も交えてご説明します。

ハイフの仕組み

ハイフはたるみの原因であるSMAS筋膜や皮下組織にピンポイントでアプローチします。

たるみの原因

  • 肌を支える土台となっているSMAS筋膜がゆるむ
  • ハリや弾力を支える真皮層のコラーゲンやエラスチンが減少する
  • 代謝機能が低下することで皮下脂肪が厚くなり、重力の影響を受けやすくなる

ことでたるみは起こります。

ハイフはSMAS筋膜までアプローチしコラーゲン生成を促す

肌は上から、表皮、真皮、皮下組織、SMAS筋膜、筋肉という順番で層になっています。

これまではSMAS筋膜にアプローチするには、外科手術が必要でした。

ハイフは熱を皮下組織やSMAS筋膜にエネルギーを集中させ、照射します。
照射した熱により、SMAS筋膜や皮下脂肪が焼かれ、縮むことによりキュッと引きあがるというわけです。

照射後は、熱ダメージによる損傷を治癒するために、人体の「創傷治癒作用」のスイッチが入り、コラーゲン生成も促され、皮膚の厚みや弾力が増し、リフトアップします。

メスを入れることなく、リフトアップが可能なので「切らないフェイスリフト」と呼ばれる理由です。

こんな人はハイフの効果が低い

皮下脂肪が薄い方は効果が出にくいようです。
脂肪が薄いと、照射エネルギーによる変化がないためです。

ハイフのデメリット

照射エネルギーが高い=温度が高いため、痛みがあり、火傷を負うリスクがあります。
また、神経を傷つけてしまう可能性もあり、しびれや痛みが残ることがあります。

クリニックハイフとエステハイフの違い

照射エネルギーの違いです。

エステで扱われているハイフ機器は、クリニックで扱っているものよりも照射エネルギーが低く抑えられています。

よって、効果も低いということになります。

エステのハイフは違法です

効果が低いだけでなく、そもそもエステでハイフは違法です。

皮下組織やSMAS筋膜に熱を照射し、ダメージを与える行為は、医療行為に当たるため、医師法違反です。

照射エネルギーが低いと言っても、深部のSMAS筋膜までエネルギーが届くため、間違って神経を傷つけることがあり、しびれが出たり、火傷を負ったケースがあります。

エステサロン等でのHIFU機器による施術でトラブル発生!−熱傷や神経損傷を生じた事例も−(発表情報)_国民生活センター
「セルフエステ」の契約は慎重に検討しましょう!−安さ、手軽さが強調されている一方で、危害や解約トラブルが発生しています−(発表情報)_国民生活センター

セルフハイフは言語道断

セルフエステが増え、ハイフさえもセルフでできる店舗があります。

セルフエステは、人件費がかからない分、金額が安い、気軽というメリットがありますが、セルフハイフはリスクが高いので絶対やめてください。

セルフエステは、何かトラブルがあっても自己責任と言われ、泣き寝入りの可能性大です。

気を付けましょう。

ハイフの注意点

ハイフの注意点を2つご紹介します。

Before・After写真に惑わされない

よく見る症例写真。

自分もこうなるならやりたい!と思わせるものばかりです。

もちろん、そのBefore・After写真のようになる可能性もありますが、人それぞれ年齢や生活習慣、脂肪の厚さが違うため、写真のようにならない可能性の方が高いと思っておきましょう。

写真のような結果を求め、いざ行ってみると、こうなるにはこのメニューも追加して、回数も増やしましょう、なんてカウンセリングで言われ、思ったより高額になってしまった・・なんてこともあり得ます。

目の前のBefore・After写真に惑わされないようにしましょう。

「クリニックだから安心」ではない

ハイフはクリニックだから絶対安全、絶対効果が出るというものではありません。

人それぞれで効果が違うことを理解し、人体になにかしらのダメージを与えるわけですから、それ相応の覚悟が必要です。

それでもクリニックであれば

  • 何かトラブルがあった時に処置が早い
  • 効果の出るレベルの照射エネルギーである

であることは間違いありません。

また、受けるクリニックの口コミも必ずチェックしてくださいね!
スタッフの接客態度が悪い、清潔感がないなど「悪い口コミ」があるクリニックはやめた方がいいかと思います。

大切な身体を預けるわけですから、安心して気持ちよく施術を受けられるクリニックを選びましょう。

クリニックでやるべき理由3つ

ハイフはクリニックでやるべき理由は

  • 何かトラブルがあった時に処置が早い
  • 効果の出るレベルの照射エネルギーである
  • エステのハイフは効果が低いだけでなく違法である

の3つです。

ハイフは安易にエステでせず、クリニックでしましょう。

 



タイトルとURLをコピーしました