筋トレ英単語・Youtubeでワークアウト

筋トレ
この記事は約3分で読めます。

鍛えたい部位別、筋トレ英単語を集めました。

特にYoutubeで筋トレをしている方は、覚えておいて損はない内容です。

英語で検索できるようになれば自宅でのトレーニングの幅が広がります。

全身・上半身・下半身

全身はfull body、上半身はupper body、下半身はlower bodyです。

腹筋

腹筋はABSまたはABといい、アブドミナルマッスルの略した表現です。

腹筋上部はupper abs、下腹部はlower absです。

腹斜筋はoblique。

シックスパックはsixpack、平らなおなかはflat belly、くびれはhourglass(砂時計の意味)といいます。

肩・二の腕

二の腕全般はarmで表現されます。

引き締まった二の腕はtoned armです。

腕の裏側の上腕三頭筋はtriceps、表側の上腕二頭筋はbicep、肩にある三角筋はdeltです。

背中

背中全般はback、広背筋はlatといいます。

胸はchestまたはPECS(pectoralsの略)です。

お尻

大殿筋はglute、buttやbootyはプリっと丸いお尻のことです。
Youtubeでお尻の筋トレを探す時は、このどれかで検索してください。

太もも

太もも全体はthigh、裏ももはHamstringまたは略してHamといいます。

細い太ももはslim thighといいます。

 

ふくらはぎ

ふくらはぎはCalf、二本で複数形Calvesともいいます。

toned calfで引き締まったふくらはぎ、slim calfで細いふくらはぎです。

逆に太くしっかりしたふくらはぎはmassive calf、big calfといいます。

その他の英単語

筋トレはworkoutです。exerciseは気軽に身体を動かすイメージです。

体幹はcoreです。

引き締まった~は、toned~と表現します。

器具なしはno equipment。

集中または高強度はintense。

~friendlyは、~にやさしいです。
たとえば初心者にやさしいだったらbiginner friendly、マンションでバタバタ足音響かないトレーニングはapartment friendlyといいます。

脂肪燃焼系

脂肪燃焼はfat burn、有酸素運動はaerobicsです。

cardioは医学用語で心臓を指し、心拍数を上げ、酸素を多くとりこむトレーニングのことで、HIITはHigh Intensity Interval Trainingの略で高強度インターバルトレーニングのことを指します。

cardioとHIITはかなりきつい有酸素運動で脂肪燃焼効果大です。

英語での筋トレメニュー検索方法

「鍛えたい部位+workout」でOKです。

たとえば、10分間の腕の筋トレをしたい場合は、「10 min arm workout」で単語検索すると、ヒットします。

タイトルとURLをコピーしました